トールプログラミング

仕事をするにも生活をするにもコンピュータが欠かせないこれからの社会。子どもたちがそんな時代を生き抜くために必要な技術がプログラミングです。技術だけでなく、将来に差がつく人間力も育てていきます。


トールプログラミングで身につく力


  • ・コンピュータやプログラミングの基本的な知識や技能
  • ・問題に気付きそれを順序立てて考えて解決する力
  • ・指示待ちではなく自分で考えて行動する力
  • ・やってみよう!と何事にもチャレンジする力
  • ・様々な学習の基盤となる考え方

2020年小学校プログラミング教育必修化

「プログラミング的思考」を育成するため2020 年から小学校でプログラミング教育が必修化になることが決まりました。文字入力など基本的な操作を習得しながら楽しくプログラミングを学ぶ中でプログラムの技術だけではなく、仕事や生活など様々な場面で将来に差がつく人間力を育てていきます。

トールプログラミングでは子どもたちが課題にぶつかった時はヒントから答えを見つけ出す「気づきのレッスン」を目指しています。子どもたちの未来に役立つ力を一緒に育ててみませんか??


レッスン内容


レッスンでは文部科学省のは奨するマサチューセッツ工科大学のMedia Lab(メディアラボ)が開発した子ども向けビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」とレゴ社の教育部門であるレゴエデュケーションの提供する楽しく直感的な操作で扱える「教育用レゴブロック」を通じてプログラミングを学んでいきます。

基本的なパソコン操作についても学んでいきますので、初心者の方でも安心してレッスンを受けることができます。


レッスンの流れ(1レッスン60分)


教材販売


出張講座

幼児向けプログラミングの出張講座も行っています。
3人1組でパソコンやタブレットを使いプログラミングを学んでいきます。

写真:倉敷市片島保育園

講師紹介

倉敷 スマホ・アイパッド教室